北海道函館市古着屋HAVANA☆MOON

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Levi's 501 Red Line



トレ暖で節電、店長の竹中です。

ストレートの定番「501」の通称「赤耳」が入荷しました。

少し毛羽立ちが残る色が濃いめの1本です。

ちなみに新品やデッドストックからデニムを履く方ならご存知ですが

初期段階に毛羽立ちがありそこから色落ちが本格的に始まりますよね。

簡単に言えばあまり履き込まれていないって意味なのですが

過去に「毛羽だって色も状態も悪い」と言われていたお客様もいたので念のため。

新しい状態からデニムを履いたことがない方だったようで

何度か説明しましたが伝わりませんでした。。。

これを読んで「初めて知った!」って方は古着屋での見方も変わりますね。


levis501rl6.jpg

色は濃いのですが1つ難点が。。。

左右の裾が擦り切れてステッチもありません。

難点がある分、通常より安く出す予定です。


levis501rl2.jpg

紙パッチのサイズ表記は「34×31」ですが

裾が擦り切れているので実寸は「33×28」ぐらいです。


levis501rl3.jpg

フロントリベット裏の刻印は「6」です。

この部分だけ見て通称「66」だと勘違いする方も多いのでご注意を。

赤耳の初期には刻印「6」も使われています。


levis501rl4.jpg

重要視するのは内側の縮み率の表記部分です。

ちなみに「66」は「8%」に対して「赤耳」は「10%」です。

初期は画像のように縦向きに縫い付けられていますが

大きさも変わり横向きに変更されます。

セルビッチ(耳)付きは83年まで製造されていたモデルで

在庫が尽きる86年まで販売されていました。

それと501は「Shrink to Fit」の名の通り縮んで体系に合うように

作られているのでデッドストックを購入の際はご注意ください。

何度かブログにも見分け方を書いたのですが

お客様に聞かれることが多いので改めて書いてみました。

年代判別ネタを書くと不思議とアクセス数がアップします。

説明する古着屋が減って各自で調べてるのかもしれないですね。

年代を基準で買わない方も「いつ頃作られた物」かは気になりますよね。

それでは明日も皆様のお越しをお待ちしております。


北海道函館市松風町7-12 2F
TEL:0138-27-5114
Mail:havana@mse.ncv.ne.jp
定休:水曜日


にほんブログ村 ファッションブログ 古着へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:古着 【USED CLOTHING】 - ジャンル:ファッション・ブランド

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://havanamoon69.blog63.fc2.com/tb.php/905-4971cd49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Profile

古着屋 HAVANA★MOON

Author:古着屋 HAVANA★MOON
〒040-0035
北海道函館市松風町7-12 2F
TEL:0138-27-5114
Mail:havana@mse.ncv.ne.jp
定休:水曜日

Latest Article
Comment
Trackback

Archive
Category
Ranking
Link
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QR Code

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。